センター長あいさつ

宇都宮記念病院ではこの度、腎臓内科・外科により腎臓病を総合的に診療する施設として「腎・透析センター」を開設し、まずは2019年7月29日から外来透析を開始しました。9月からはオンラインHDFも導入して、より治療効果の高い透析療法を実施しています。現時点ではまだまだ患者さんを迎え入れる余地があり、今後より一層多くの患者さんに質の高い透析療法を提供していけるよう努めてまいります。また、血液透析に欠かせないシャント治療を開始します。私は東京女子医大を皮切りにこれまで2000例以上のシャント手術を執刀してきました。シャントを長持ちさせるカテーテル治療(PTA)も加えて、日々の透析を安心して受けていただけるよう尽力します。さらには、腎不全患者さんにとってもう一つの腎代替療法である腎移植も開始します。私は腎移植の東西のメッカである東京女子医大と名古屋第二赤十字病院でスタッフとして勤務し、直近では栃木県内で唯一の腎移植施設である自治医大で中心的役割を担い、総数1000例以上の腎移植に携わってきました。宇都宮周辺だけでなく広く栃木県全域から患者さんが集まる施設にしていきます。

腎臓外科科長 腎・透析センター長 南木 浩二(なんもく こうじ)

スタッフ紹介

医師

腎臓外科科長 腎・透析センター長
南木 浩二(なんもく こうじ)

腎臓内科
内田 大介(うちだ だいすけ)

看護師

  • 神﨑 容子
  • 澤村 直子
  • 駒場 澄子
  • 勝間 由香里
  • 大藤 恵
  • 鈴木 静子
  • 水越 雪子

臨床工学技士

  • 角田 雅行
  • 古泉 洋志
  • 大畑 文昭
  • 吉原 一紀
  • 寺内 匡明

看護助手

  • 知野 三依理

管理栄養士

  • 三上 安子
  • 小川 美穂
  • 森戸 桃香

事務

  • 手塚 麻由美
  • 山口 智美